ご挨拶

私たちは、「コトバとコンピュータの繋ぎ目」を仕事の分野にしています。そして仕事の形態は「研究のサポート」です。

私たちは、コンピュータが人間のコトバを理解するために必要なことのすべてを、「仕事の種」にしたいと考えています。機械翻訳、音声認識、対話シス テム、自動要約など、コンピュータが人間のコトバを理解し、人間との親和的なコミュニケーションを実現するために、多方面からのアプローチがなされていま す。人と人のコミュニケーションにおいては、「コトバ」がその役割の大半を担っています。当然、人とコンピュータのコミュニケーションにも「コトバ」が最 も重要な役割を果たすと思われます。私たちは「コトバ」の専門集団として、この分野に関わっていきたいと考えています。

また私たちは「研究のサポート」を仕事のスタンスにしています。言語を扱うシステムでは、大規模のデータが必要となります。コーパス、辞書、シソー ラスなど、なにをとっても、大量のデータが無ければ研究は進みません。そして大量のデータを正しく準備するためには、どうしても言語の専門知識を持った作 業者の手作業と、言語データの取り扱いに慣れたスタッフが必要になります。一方、言語理解システムが正しく働いているかどうかを検証するには、多くの被験 者がそのシステムを使用してみなければなりません。被験者の募集から実験計画の立案、また実験段階で発生する大量のログの解析、それらを辞書などにフィー ドバックすることも、多くの人手を要します。私たちは、この様な分野の研究がスムーズに進められるよう、大量の言語データの収集や解析、実験の実施などの お手伝いさせていただくことを目標にしています。

 

株式会社アイアール・アルト
代表取締役
渡部恵理子